遺跡の要素

現在の位置:トップページ >遺跡保護 > 遺跡の要素

遺跡の要素

紫金城城跡は漢代海没侯国古城城城城跡です。城跡面は長方形(東南部の凹面)に近いです。総面積は約3.6平方キロメートルです。城跡は内(小)城と外(大)城からなり、周囲の防御体系は城壁と堀からなる。外(大)城は全体的にやや四角形(東南部の凹部)で、南北が一番長いのは約2062メートルで、東西が最も広いのは約1934メートルで、城壁の総延長は約7516メートルで、いずれも二重壁である。城壁は自然地勢を利用して人工的に築き上げられ、畝状に積み上げられ、直接に地表の上に築かれています。考古学的な探査により、城壁の外に堀があり、東城壁堀と南城壁堀があります。北城の壁の堀と西の城壁の堀の長さと幅などの情況は古い調査報告を試験して確定を待つことがあります。内(小)城は外(大)城壁の内側にあり、東西最長約403メートル、南北最大約345メートル、面積は約139761平方メートルである。平面は近くの長方形で、東城と西城の二つの部分から構成されています。このうち、東城は南北に長方形で、城壁は5か所欠けています。東城壁と外(大)城東壁の部分は壁と共用しています。西城の平面は大体台形で、城壁は4か所欠けています。西城東壁は東城西壁と共用しています。配置の判断を結び付けて、東城は造るべきなのが比較的に早いです。西城は東城に依存して建てて、建築の時代は東城より遅いかもしれません。東城の北城壁、西城壁、南城壁の外側には三段の堀があり、西城の北城壁、西城壁、南城壁の外側には壁を囲む堀があります。探査を通じて、紫金城の城跡は全部で城壁の壁の欠けたところが47箇所あります。城壁の周りに城門があると推測します。城跡内で遺跡が発見されたのは560カ所で、廃棄年代は魏晋の時期より遅くない。その他の具体的な状況はさらに考古学的な研究確認が必要です。

鉄河古墳西部の墓群は紫金城跡の西側に位置し、面積約3平方キロメートルの範囲に分布しています。現在発見されている20の墓エリアの中には、異なる等級の墓葬エリアが含まれています。嘳ࣛ基壇墓、花骨壇、祠堂崗は三代海没侯の墓葬区である。その周辺の鄒家墎岬、北頭崗(北娘山)、太山間地帯(竜坑)、偏平な山岳地帯(犬卵地)、お盆、松の山(先発山)、連合林場(かご子山)、戴家山、楊家山、老基後山、五房山、嶺上(嶺山)、赤岸山(山間部)などは貴族の墓地です。残りは平民墓地です。
その中の墎基墓は考古学的に発掘され、墓園の壁に囲まれていることが分かりました。これは現在国内で発見された最も完全な西漢列侯の墓です。考古学的発掘研究によると、墓の中の一番目の墓は西漢の初代海没侯劉賀墓である。墓の園は台形で、南北の幅は約141-186メートルで、東西の長さは約233—248メートルで、全部で約4.6万平方メートルを占有します。墓の園の内は2基の主な墓、7基の祔の墓、1本の外で穴と庭の壁、北、東門と門の欠けていること、寝、祠堂と園の寺の官吏の家などから構成します。園内には道路システムと排水施設が完備されています。墓の前に祠が建てられているものもあります。侯の墓と夫人の2つの主な墓は同じ墓地の异なっている穴と、墓园の最高、中心の位置を占有して、2つの墓は1つの面积の约4000平方メートルの高台を共有します。その礼制的な建物は東西の厢房、寝宮と祠堂からなります。侯墓は墓本体と西側の外蔵真車の坑から構成されています。車馬坑内から出土した高級車5台、馬20頭。侯の墓の本体の規模は広大で、上に7メートルの覆闘形の封土があって、下に北の南に座る甲の字型の墓の穴があって、墓穴の内に面積の400平方メートルの四角形の木造の建物の室があります。全体としては居室化傾向にあり、西漢中末期に「漢制」で埋葬された列侯埋葬に属する。
南部の墓群は紫金城の所在地の東南部にあり、同様に異なる等級の墓を含む。蘇家山墓園は後代の海没侯の墓園です。万家山、竹の山は貴族の墓地です。また大鼓山、柯家山、帥家崗、羅城山、郭家山などの墓地があります。
その中で、蘇家山の墓群は城跡の東南端に位置しています。岡山の南北の長さは約300メートル、東西の幅は約200メートル、高さは約30メートル、面積は約600平方メートルです。墓の群れの周囲は山の勢いに従って墓場の壁が建てられています。見張り所の周囲は人工的に掘った溝で囲まれていて、堀のような形をしています。墓場の壁は地固めのために築かれている。上の幅は1~6メートルで、底の幅は12~20メートルで、局部は8メートル以上に達しています。墓の群は考古学を通じて(通って)探査して、共に遺跡の51か所を発見して、その中の大きい、小さい墓は46基埋葬します。その他の関連状況はさらに考古学的研究を待たなければならない。