情報公開

現在の位置:トップページ >ニュース > 情報公開
習近平は貧困緩和の仕事について重要な指示を与え、最初と最後、良い仕事と良い達成は完全な勝利なしには決して後退しないことを強調し、李克強は指示を与えた
Date: 2020-10-20       Hits:6995

新華社通信、北京、1017日。第7回全国貧困緩和デーの際に、習近平、中国共産党中央委員会の書記長、国家大統領、中央軍事委員会の委員長が重要な問題を発表しました。貧困緩和に関する指示と、2020年は万能の方法で裕福な社会を構築するための決定的な戦いであることを強調しました。貧困緩和の年。新たな冠状肺炎の蔓延と深刻な洪水の試練に直面し、党中央委員会は予定通り貧困緩和目標を達成することを決意し、党全体と社会全体が一生懸命働きます。幅広い幹部と貧困の大衆-被災地は困難を克服するために一生懸命働いており、貧困緩和は決定的な成果でした。貧困との闘いが最終段階に達した今、あらゆるレベルの党委員会と政府は、困難な状況に立ち向かい、うまく始めて終わり、良いことをし、完全な勝利なしに軍隊を受け入れる姿勢を維持しなければなりません。

習近平は、すべての地域と部門が貧困緩和の経験を要約し、貧困緩和システムとメカニズムの役割を十分に発揮し、攻撃の成果の統合と拡大を促進し続け、農村の活性化を効果的に結び付ける必要があると指摘しました。貧困緩和政策の全体的な安定性を維持し、貧困緩和の結果を統合するために複数の措置を講じます。貧困地域の貧困層の内生的な動機付けを刺激し、働く能力のある低所得者が金持ちになるために一生懸命働くことを奨励し、すべての人々の共通の繁栄を徐々に達成するという目標に向かって進む必要があります。

CPC中央委員会の政治局常任委員会のメンバーで国務院の首相である李克強は指示を出し、すべての地域と部門が習近平の新時代の社会主義を指針として中国の特徴を遵守しなければならないと指摘した。党中央委員会と国務院の決定と展開を真剣に実施し、既存の支援政策の全体的な安定性を維持します。深刻な貧困の要塞を克服するための戦いを監督し、人々の収入を促進するための特徴的な産業の発展を促進し、フォローを強化します-貧困緩和の移転と移転への支援を強化し、貧しい労働者の仕事を安定させるために良い仕事をし、貧困に戻るリスクのある人々のために事前に的を絞った支援を強化し、スケジュール通りに貧困緩和の質の高い完了を確実にする仕事。私たちは、貧困緩和と農村活性化戦略の実施との有機的なつながりにおいて良い仕事をしなければならず、貧困緩和と嫌悪地域における農村地域の包括的な活性化を促進するための継続的な努力を通じて、井戸の改善に大きく貢献しなければなりません。 -人々であり、持続可能で健全な経済的および社会的発展を促進する!

全国貧困緩和賞表彰会議と高度証書報告会が17日の朝に北京で開催されました。会議は習近平からの重要な指示と李克強からの指示を伝え、学びました。中国共産党中央委員会の政治局のメンバーであり、国家評議会の貧困緩和と開発のための主要グループのリーダーである胡春華が会議に出席し、スピーチを行った。彼は、貧困緩和の目標と課題を高品質かつ包括的に完了するためには、高水準のエネルギーとエネルギーを維持し、貧しい労働者の雇用を安定させるためにあらゆる努力を払い、貧困緩和製品。貧困が貧困に戻るのを防ぐために、貧困緩和の結果を統合し、貧困緩和産業の発展と成長を促進し続け、貧困緩和と移転の移転に対するフォローアップ支援を強化し、予防をさらに改善する必要があります。貧困モニタリングと支援メカニズムの復活。拡大の成果と農村再生との効果的なつながりを統合し、移行期間中のさまざまな政策の円滑な移行を確保し、貧困が緩和されている地域での農村再生を引き続き促進するために、良い仕事をする必要があります。受賞者が名誉を大切にし、勇敢に使命を果たし、良い模範を示し、新たな貢献をしてくれることを願っています。

会議は、全国貧困緩和賞の受賞者を表彰しました。内モンゴル自治区のXing'anリーグのTuquan郡; Anhui州のSuzhou市のSi郡;およびGuangxiZhuang自治区のLiuzhou市のAnweiTownshipのJiangmenVillageCommittee;村委員会のディレクターのYangNing奉新県周口市太康県大昌町江門村1号;シャクシアの白陽教育センターの教師であるハン・ユナン一等書記官、志春英町、奉新県、宜春市、江西省、周口、第2肝胆道外科センター、第5医療センター、中国人民解放軍総合病院、およびその他の受賞歴のある先進的なユニットの移植外科の元副所長個人が行為をした。報告。

会議は電話会議の形で開催されました。 2020年全国貧困緩和賞の受賞者と州議会の貧困緩和開発主導グループのメンバーがメイン会場での会議に出席しました。さまざまな州、自治区、新江生産建設隊の貧困緩和開発主導グループのメンバーまた、東西の貧困緩和協力リーディンググループが地元の支部で開催された会議に出席しました。 (「人民日報」20201018日、01ページ)