文化財ニュース

現在の位置:トップページ >ニュース > 文化財ニュース
「海気絶」の名義補議
Date: 2021-04-17       Hits:8655
劉賀氏は霍光らに廃職され、丞相の張開氏らは「陛下はまだ高廟を命じられておらず、天序を守ってはいけない。祖宗廟を奉じ、子万姓を廃すべきだ」と述べた。湖南益陽の出土に合わせて秦二世の詔書は「朕は遺詔を奉じ、今宗廟の官吏及び著は明を以って」と述べています。劉賀は「海没侯」を封じ、その名の持つけなす意味は、正統の立場に立つ否定的な態度の明確な表れと理解できる。南斉の敗亡した君主の蕭宝に対して「東昏侯」という名前をつけました。歴史では「漢海昏侯物語」と呼ばれています。宋金外交史では、金軍北にさらわれた趙ギル、趙桓が「気絶公」「重神侯」、「気が遠くなる」の意味も「海没侯」の「気が遠くなる」に近いと述べた。「降封眩徳公詔」は「旧制を遵奉する」といい、「事蓋稽は往古にある」と述べ、歴史の継承関係を表している。
海没侯墓の発掘によって、劉賀の事績と関連した西漢史のプロットが重視されている。「海没侯」は劉賀が昌邑に廃棄されたので、江南に移動した名前を封じなければなりません。劉賀は昌邑王として長安に入ると皇帝となりますが、27日間は霍光などが廃れました。漢宣帝の元康三年(前63)、劉賀は廃職して11年後にまた海に封じられて侯にぼうっとしています。「海没侯」という名前の本当の意味を理解するには、異なる観点があります。「海」の字と「気が遠くなる」の意味について、複数の意見を出す学者がいます。以前、漢代列侯の名前には「県以外の県名」があると書いていましたが、ある特殊な意味が込められています。連絡蕭宝巻は南斉政権を滅亡させたことによって「東昏侯」と呼ばれ、歴史的には「東昏侯」の事績と歴史的評価は「海昏侯」と類別できると考えられています。「海の暗」は「ぼんやり」と理解でき、政治的な非難の意味を表している。海に酔った侯の「食邑四千戸」も、当時の豫章が属する「県邑」の規模を超えています。「海没」という字の意味は、確かに「県の名前ではない」と理解すべきです。「海没」の「気が遠くなる」が正確な地名だとする意見については、歴史的な例を通して議論することができます。宋金外交史の重要事件で、金軍北は趙ギル、趙桓を拉致し、父は「気絶公」と呼んでいます。子は「重神侯」と呼ばれています。「徽、欽父子は相次いで、いずれも「気絶」と呼ばれています。「降封昏徳公詔」は「旧制を遵奉する」というもので、「事蓋稽は往古にあり」というもので、歴史の継承関係を表しています。
一、「命のない高廟」:劉賀「廃墟になる」という重要な缘由
昌邑王劉賀は長安に入り、「既着、即位、淫乱を行う」。霍光は群臣を集めて、「昌邑の王行は気絶し、社稷に危険を及ぼす恐れがある」と政治危機警告を出しました。霍光が劉賀政権を終止させた傾向は、大司の農地延年の強力な支持を得て、与議者は「唯大将軍令」を表明した。霍光所は劉賀の「当廃棄」の主な罪責を宣言しました。すなわち「荒淫迷、帝王礼誼、乱漢制度」を失いました。皇太后は「詔曰く“可”という形で承認されました。張丞相らは、皇太后への報告で、劉賀氏の「行淫転覆」を非難したほか、「宗廟は軍より重い。陛下は高廟を見られないので、天序を守ってはいけない。祖宗廟、子万姓を奉じて廃れます」と強調しました。そして、「太祝と太太閤の具備を以て、祠の高廟に告ぐ」と要求しました。即ち「廃」劉賀事を履行して、「高廟」の認可を得た手順です。「宗廟は君より重い」という説は特に注意に値する。丙吉はまた「宗廟至重」という言い方があります。「宗廟至重」は、「続漢書・祭祀志上」の劉昭注が「東観書」を引用してドゥーリンに載せたのを見ました。皇太后は劉賀の言葉を叱責し、「人として臣下としてのパラドックスは邪道の如く」と言って、「人として臣下」であっても「パラドックスであってはならない」と考えた。劉賀の「帝王」を否定し、「人臣子」として見たらしい。この態度は、張オープンなどが劉賀氏の「命のない高廟に会っていないので、天序を守ってはいけない。祖宗廟、子万姓を奉じて、廃すべきだ」という態度と関係があるかもしれません。
湖南益陽兎山遺跡から出土した秦二世の詔書を参考にして、「朕は遺詔を奉じ、今宗廟吏及び著以明」という文を参考にして、「宗廟」は帝王の最高権力継承手続の合法的認定に極めて重要な意義があることが分かります。
秦の始皇帝琅玡は石を彫ります:“今の皇帝はそして国内で、郡県を思って、天下は平和です。昭明宗廟、体は徳を行して、尊号は大成します。諸臣が皇帝の功徳を唱え、金石に彫り込んで、表経とする。[5]247これから分かるように、「皇帝」という称号は秦の始皇帝自身の地位と確定したのは「昭明宗廟」の格式を通じたものである。
最高権力者の地位の確定はよく分かりません。どのような具体的な形で「宗廟」が認められていますか?しかし、歴史書は王莽娘が漢平帝皇后であることに関して、「策告宗廟」という話がありますが、参考にしてください。王莽は女性が漢平帝に配することを皇后として、上書を発起するなどの手段を使って、「公卿は無鉄砲な女を採る」という、宗廟を策告するプログラムがあります。『漢書』巻九九上の『王莽伝上』には、「勅遣大司徒、大凡は宗廟、雑加占い」とあるが、「兆遇金水王相、卦遇父母得位、いわゆる『康強』の占、『遇吉』の符も」とある。[注][3]4052から見ると、「昭明宗廟」「見命」「宗廟」「策告宗廟」などの形式も、「雑加占い」を通じて「卦」「兆」の神学プログラムを分析しているようです。いわゆる「占」と「符」の判断には、あらかじめ未知の結論が出ている不確定な場合があります。これは当然、ゲインに関する判断の神秘性があり、「卦」「兆」「占」「符」を分析して説明する柔軟性がある条件も与えられています。
しかし劉賀氏はもともと「命の寺には見当たらない」という政敵の拒否権を主張する重要な取っ手となっています。劉賀は「有罪」と認定された[3]2769、「当廃棄」[3]2939,2945、「天の捨て所」「嚚頑廃人」の明確な政治的非難を受け、漢宣帝の「下詔曰」及び臣下の「上書」を得て、漢宣帝の「奏可」の方式の認定[3]2769,2768。いわゆる“命の高い廟に会っていないで、天序を受け継いではいけなくて、祖先の廟を献上して、子の万姓”、最も崇高な宗法の秩序と神学の位置付けの支持を得ます。劉賀所得の「海没」という名前の実際の文化的意味を理解し、この非常に重要な政治的要因に注意すべきである。
二、斉王曹芳が「気を失って淫らになる」「帰藩」の例
海没侯の劉賀の事績を討論して、歴代の彼に対する評価に注意しなければなりません。「海没」名義の分析は千百年来の政論と歴史論の関連認識を参考にしてもいいです。
藩王から帝位に入り、曹魏の時代には斉王曹芳の後例があった。彼は免職されたが、同様に「淫」の罪である。その手続きは、「宗廟」にもつながる。『三國志』巻四の『魏書・三少帝紀・斉王芳』には、「秋の9月に、大将軍の司馬景王が帝を廃して、皇太后を聞こうとする。甲戌、太後令曰く、“皇帝の芳春秋はすでに長くなり、万機にキスせず、淫内に耽溺し、漫女徳に沈め、日延は優を提唱し、その醜さを軽んずる。”六宮の家族を迎えて内房に残して、人倫の叙述を壊して、男女の節を乱す。恭孝は日が損をして,たいへん傲慢で,天緒を受け継ぎ,宗廟を奉じてはいけない.兼太尉の高柔を以て策を奉じ、一元の大武をもって宗廟に訴え、芳を斉に送り、皇位を避ける。」「太後令」は曹芳を「皇帝」と呼び、劉賀を廃した時の皇太后を「人として臣下としてのパラドックスは邪の如く」という言い方とは違っています。私達は関連する歴史の記録を見ていません。曹芳の即位の儀礼手順を勝手に推測することはできませんが、彼は「昭明宗廟」「見命」「宗廟」「策告宗廟」という形式の可能性を経て、存在します。曹芳は「親万機にキスせず、淫内に耽溺し、漫女徳に沈め、日延が優を提唱し、醜さやたわむれ」を提唱し、また「六宮の家族を迎えて内房にとどめ、人倫の叙述、男女の乱の節」及び「恭孝の日損、甚だ背徳に背いている」などの表現は劉賀と類似している。「天緒を引き受けてはいけない。宗廟を奉じてはいけない」という劉賀に対し、張オープンなどは「天序を受け継ぐことができない。祖宗廟を奉じ、子万姓を廃すべきだ」と非難し、語気も似ている。一元の大武で宗廟に告示し、芳を藩斉に送り、皇位を避けるという指令も明らかになった。
裴松の注は曹芳が廃案された具体的な状況を叙述した。景王は涙を流して曰く、『皇太后令如、諸君其の若王室何!』咸曰く、『昔の伊尹は太甲を置いて殷を以って、霍光は安漢を廃し、社稷を定めて四海を済し、二代目は古代に、明公はこれを以って今に至り、今日のことも公命に属する。』景王曰く、『諸君は師を望む者が重いので、師安が避けるべきか?』そこで群臣46人を招いて、共に永寧宮を演奏して、“稽頭言”:“臣などは天子を聞いて、だから群を育成して、永安万国、三祖勲は激しくて、光は六合に。皇帝は即位して、洪業に続いて、春秋はすでに長くなって、親万機にキスしていないで、淫内を遅らせて寵愛して、沈漫女の色、寄付して学説をやめて、儒士を侮辱して、日延小優郭懐、袁信は芙蓉殿を創立する前に裸でゲームをひいきにして、林を保護する女性とまだ乱れていることを使用して、親は後宮を展望します。また広い展望の上で、懐、手紙を見て遼東の妖婦を行うことに等しくて、嬉々として過度で、道の通行人は目を隠して、帝は観の上で燕が笑うと思っています。陵雲台曲の中で帷を施して、9人の女性にキスすることを見て、帝は宣曲観に臨み、懐を叫んで、信は帷に入って共に酒を飲みます。懐、信などは更に酒を行って、女性はすべて酔って、侮りをからかいます。保林李華、劉勲などと懐、手紙などの芝居をさせて、清商令令令令令狐景生華、勲は言った。華、勲が数讒言して景を滅ぼす。帝は常に人を弾くことを喜んでいます。これをもって怒りを静めます。景語の帝曰く、「先帝が家門を持つのは急で、今陛下は日に妃後の遊戯を度がなく、共観まで優れることを提唱し、裸になって乱れているので、皇太后に聞かせてはならない。景は死を好まず、陛下のために耳打ちをする。帝の言葉:“私は天子を作って、自在ではありませんか?”太後と私とは何ですか?鉄の灼熱を人に与え,体をすっかり壊す。甄後崩後、帝は王貴人を皇后としようとした。太后はもっと外に求めたくて、帝怒り語景など:“魏家の前後に立つ皇后さま、すべて所から耳を愛して、太后はきっと私の意に背いて、私が行くべきなことを知っていますか?”後卒は張皇后に疎かである。太后は合陽君に喪され、帝日は後園にいて、優れた音楽を提唱して自若しています。清の商丞の彭煕諫帝:“皇太后至孝、今重憂に遭って、水の一滴も口に入らないで、陛下は大目に見てください。ここで楽しく過ごされてはいけません。”帝の言葉:“私は自分で、誰が私をないがしろにすることができますか?”皇太后は北宮に戻り、張美人と番禺婉を殺し、帝怒り望、語景などを表しました。数往前は故処まで泣き、私は暴室を厚くして棺を棺にして、太後知也を令しない。9人の肉親の女性を見ると色香があり,あるいは商人を決済するために残しておく.帝から後園の竹間劇まで、あるいは従官と手を携えて共に旅します。熙白:“官から至尊と相つかむべきではない。”帝は怒って弾熙を復した。日本旅行の後園には、外国語の本が入るごとに、帝は省を省かず、左右に「出」と言って、帝も索視しません。太后令帝はよく式干殿で教学し、行来を望まず、帝の道を行く。太後が尋ねに来ると、ややもすれば黄門に「在」の耳を持たせる。景、煕などは恐れを恐れて、もう1度止まって、更に共に媚びます。帝は気を失って淫らになって、人倫の叙述を敗けて、男女の節を乱して、恭孝弥は退廃して、凶徳は盛況に浸ります。臣たちは憂えて天下を転覆し、社稷に危うくなり、身を滅ぼしても命を落とすことはできない。今帝は天緒を承ることができなくて、臣は漢の霍光のストーリに従って下さい、帝の璽の綬を受け取ります。皇帝はもともと斉の王をもって皇帝とし,藩がそろうべきである。司徒を柔软に祭り上げ、有司の以太牢と宗廟を祭る。一面識もない」[6]128連臣の「漢霍光物語に従って、帝璽綬を受け取ってください」、「藩斉に帰する」との提案は、皇太后の「奏可」を得て、はっきりと認めた態度の返事を表します。
その中で曹芳の「耽淫内宠、沈漫女色」「嬉冒涜過度」「戯侮無別」に対する非難は、政治的名声と道徳的イメージを全面的に毀損するに十分である。群臣は司馬師に「霍光廃昌邑以安漢」と言って、群臣と一緒に「依漢霍光物語」という文を演奏して提示した古事の意味を模擬します。特に注意してください。私たちは曹芳が即位した当初、自ら「漢霍光物語」を通じて司馬師の地位を高めたのを見ました。「詔使太常王粛冊命太傅は丞相、増邑万戸、群臣は名前を呼ばないで、漢霍光物語のようです。」司馬先生はかつて「上書辞令」を出しました。「九錫を加えた贈り物」の時、「また辞退します。」[6]124しかし、権位をコントロールし、威勢を強化する上で、手段や手段、猛力を尽くしている。まさに「漢霍光物語のようだ」。「歴代異事」の違いはほとんど見られない。
群臣上奏所が提案した「司徒臣下をフレキシブルにし、有司以太牢と宗廟を祭る」というプログラムも注目に値する。「太后令」は「一元大武を宗廟に告げる」という意味です。
群臣は曹芳の悪行を非難しました。いわゆる「帝が乱行して気を失って、人倫の叙述を破って、男女の節を乱して、恭孝弥は退廃して、悪徳が盛っています。」
三、「海没」という名前に異議があります。
漢代列侯の名前には、その国の地名と対応できなかった者がいます。『史記』封国地理と『漢書』巻二八の『地理志』とは異なる状況について、司馬貞『索隠』はかつてその県の「後廃」及びその名前「または郷邑名」の可能性を指摘していた。全祖は『漢書地理誌疑問』巻五を眺めて、『王子』『功臣』『外戚』三『侯表』と書いています。その国の地理は本『表』にあります。質の『地志』はどれだけ違っていますか?『索隠』は『史記』の注で補ったもので、数十の八を得たが、『地志』で反対に遺されたものがあるということは、『晋書・地下道記』を引用しても、多くの誤植者がいる。全氏は自分の研究によって補論がありますが、やはり「不可考者は欠けている」と言わざるを得ません。戦国秦漢の「県」「県」「県」「名前」の文化的象徴的意義は早くから重視されていることに気づきました。鄒陽のいわゆる「盛装入朝者は利を以って義を汚さず、砥石励名者は傷めようとしないので、県名勝母は曾子を入れず、邑号朝歌で墨子を車に返す」という[5]2478。列侯の「名号」にも特殊な意味が込められている。例えば、「羹蒼侯」や「優勝侯」「富民侯」「博望侯」「定遠侯」など。侯の名を封じて「県の名ではない」と軽蔑の意を表す場合、漢光武帝の子密「不義の侯」の故事がある。劉秀のやり方は、爵位を授けると同時に、「悪を行う」ともいう。
宋人の趙と時の《宾退录》はかつて“古の封侯、地名の者でないことがありません”を言いました。この説は簡単な独断を免れない。彼は「漢高帝は兄の子の手紙を封して羮飛び上がる侯として、その母の轑釡の故でありますが、『地志をかこむ』によって実際には妫州懐戎県東南十五里にあります。」[注]今でもこの説を認める学者がいます。実は論者が証明できないのです。「潈铉山」という地名は「潈音侯」という名前に形成される前に作られました。実は、趙さんも時には多くの侯の「非県の名前」に気づいています。彼は「もし武帝が霍去病優勝侯、田千秋富民侯を封じたら、昭帝は霍光博陸侯を封じ、光武は彭宠奴の悪徳侯を封じ、さらには胡、滚鐡、向義、建策など」の例が多いと指摘しましたが、「非制也」と思いました。「然し優勝侯国は東郡にあり、富民侯国は沛郡蘂県にあり、博陸は初めて北海、河間を食べ、後益封、また東郡を食べ、特に嘉名を用いられただけである」と指摘した。ただ「光武が封じたものには、必ずしも領土があるとは限らない」。趙氏はまた、「武帝の時には、張騫が博望侯を封じ、趙破奴が票候を封じたが、まだその封邑を知らなかった」と書いた。[8]「宾退录」は「非制也」の場合、実はすでに多くの例が発見されており、「非制」の「制」と見ることができるかもしれません。つまり、ある普遍的な現象を表しています。
一部の学者は、「海がぼんやりしている」というのは具体的な地理的方向を示していると思っています。一つの意見では、「海」とは趣陽湖、「気が遠くなる」という意味です。